全日本建築士会について 50余年の建築士育成事業の実績をもとに、全日本建築士会が総監修した、建築関連資格の特別養成講座
本会主催公益事業

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越独仏韓5ヶ国 伝統木造建築 国際会議開催

国際シンポジウムの開催に向けて

ユネスコ・イコモスの日仏準備会議

日仏景観会議、倉吉

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越伝統木造建築会議 ベトナム・フエ

日仏景観会議、倉吉

日仏景観会議、伊勢

日仏景観会議、日光・田母沢・東京

一般社団法人全日本建築士会による公益事業、官公庁採用 低価格・高品質・高実績の建築士講座

本会の建築士受験対策講座は、中央省庁・県庁や我が国を代表する企業の研修に採用され、公立大学の社会人対象の建築士受験対策公開講座にも採用された高い実績高い信頼性を得ております。

29年度設計製図試験合格率
(※当会模擬試験基準点取得者)
67.8%
**** 一般教育訓練給付制度対象講座 ****
7月29日開講
平成30年度一級建築士設計製図(通学)

申込特典:導入講座「設計基礎編」・「製図基礎編」DVDを無料進呈!

===========================
29年度合格者からの声より
===========================
初受験で、8月上旬から勉強を始めたため、何もかも分からない状態のスタートでしたが、課題を1つ1つこなす中で着実に実力をつけることができました。分からないことは先生に直接聞くことができたので、理解が深まりました。また、講座で取り組んだ課題はバリエーションが豊富で、本番の試験問題と似た課題もあったため、本番も焦ることなく対応することができました。本当にありがとうございました。

一級建築士の設計製図試験では、製図力が重要であるのは無論のこと、建築計画力が最も重要な合格の鍵となってきています。本会の講座では、厳選された演習課題により計画と製図の基礎力から応用力までの確実な養成を目指し、新傾向徹底分析・完全対応した指導を行います。

通学教室においては定員になり次第、締切にさせていただきますので、ご了承ください。 なお、お申込み後、学科試験の不合格が判明した場合には、全額を返却致します。 また、資料請求していただいた方に限り、7月中に限り、当該割引価格でお申込みが可能です。

平成30年度一級建築士設計製図受験講座・通学
受講
期間
受講時間受講料 申込ボタン
2ヶ月73時間
(11回)

添削強化補講
10時間
168,000円(税込)
(正規講座料:184,000円)
講座日程 平成30年 8 月開講
受講期間 2ヶ月
講座時間・
回数
通学 午前 9:00〜午後 5:00 7時間×10回+ガイダンス3時間 計73時間
午後 5:00〜6:00は強化補講時間×10回 計10時間
通信 課題添削回数 10 回
教  室
(通学)
土曜:渋谷、関西教室(新大阪駅前)
日曜:渋谷、池袋、関西教室(新大阪駅前)
受 講 料 通学 168,000 円(税込) [正規価格:184,000 円](分割払い制度あり)
通信 145,000 円(税込) [正規価格:174,000 円](分割払い制度あり)
教育訓練
給付
 通学講座は対象講座です。

テキスト代、模擬試験の受験料は受講料に含まれています。
本講座は、一般教育訓練給付制度の指定講座です。給付制度利用に関する詳細は
一般教育訓練給付制度について」をご参照ください。

受講教室
(土曜教室):渋谷、関西本教室(大阪)
(日曜教室):渋谷、池袋、横浜、関西本教室(大阪)
受講時間
午前9:00〜午後5:00 計7時間 + 添削強化補講10時間
受講料の分納制度
受講料の分割払いも可能です。
詳細は「受講料の分納制度」のページをご参照ください。

(通信講座はこちら)

本講座では、以下のようなステップを踏みつつ、合格のための総合力を養成します。

平成30年度一級建築士設計製図講座のスケジュール
製図の受講生の声
一級建築士長期設計製図講座の5大特長
厳選された第一級の建築家であるベテラン講師が、設計の本質で合否の最も重要なポイントについて、基礎から高度な応用まで懇切丁寧に指導します。

元国土交通省室長監修による高実績の講座!

  • 50余年の実績を有する元国土交通省室長監修による高品質・高実績・低価格な内容の講座で、基礎から高度な応用まで完全合格力を徹底養成する講座です。

厳選されたベテラン講師による懇切丁寧な指導!

  • 日本建築学会賞受賞者、大学教授、工学博士、設計事務所所長等の厳選された、第一線の幅広い分野で活躍する建築家であるベテラン講師が、近年の傾向を徹底分析して作成された精選練習課題により、基礎から応用まで、建築計画力・製図力及び建築・構造・設備の計画の記述力養成のために懇切丁寧な指導を行います。また、質疑応答は、メール及びFAXにてお受けいたします。ベテラン専任講師より懇切丁寧に対応します。特に回数制限はありません。

課題発表後に本試験課題に即した高度な実践力の養成!

  • 発表された本試験課題に特化した演習で合格答案の完成を目指します。
    近年の傾向である課題の条件の一部を受験者自身が的確に設定するために必要な試験課題対象建物についての確実な理解力を養成します。
  • また、課題条件に沿った「地域環境への配慮」等の「より高度で総合的な実践力」を養成します。
  • 同時に、建築・構造・設備の計画についての適切な記述力及び製図力の一層の充実を図ります。

完全合格支援システム

  • 当設計製図講座を受講されている方が、万一学科試験で不合格になられても翌年度の同講座に限り、無料で受講することが可能です。また、当設計製図講座を最後まで受講され、当会の基準条件(出席率80%以上かつ模擬試験の得点80%以上)を満たして、万一不合格になられた場合も翌年度の同講座に限り無料で受講できる完全合格支援システムがあります。

質疑応答、受講期間中は回数無制限!

  • 設計製図に関する質疑応答は、回数制限は全くありません。全て無料です!メールまたはFAXにて受付けます。専任のベテラン講師より懇切丁寧に回答いたします。

特長④の学科試験が不合格になられた場合、翌年度の同講座への無料受講は、
学科試験合否発表後3日以内にご連絡された方に限ります。

(通信講座はこちら)

受講生から寄せられた声

 

●低額な費用でも、ほんとに充実した学習ができ、合格できることが身の回りの同じ目標を持った仲間に証明できました。これまで、独学でやってきて、机に向かうことも出来ず、学科すら受からなかった自分が、学科の基礎から丁寧に指導いただき、こんな何も知識のなかった自分が学科から製図までわずか1年で合格することが出来た。関西校のN先生には感謝しています。

●通信講座で受講しましたが、毎回出される課題は、本試験の出題に近いと感じました。奇をてらった課題も少なく、計画の基礎的な実力をつけるのに役立ったと思います。

●小手先のテクニックではなく、建築の計画力を計るような課題が多かったと思います。プランニングの訓練になりました。これが大きかったです。

●エスキス時には、一対一でやりとりでき、的確な助言をいただきました。最後まで、自力で考えるよう促してくれたことが役に立ったと思います。

●一部の資格学校と違い、勧誘などの営業がなく、わずらわしさがない。 講師の方々が、実際実務をされているため、実務に則して勉強ができ、資格取得よりも計画力を鍛える意味でたいへん役にたちました。 今後も、いろいろ教わったことを実務にいかしていきたいと考えています。

●平面計画、構造計画など総合的に技能、知識を短時間で身につけられる課題であった。通信講座でしたが、試験でアピールできる能力を段階を踏みながら得ることが出来た。

●シンプルなコメントでありながら鋭いご指摘には、毎回嬉しくて涙が出そうになりました。添削していただいてる講師様の主観が入りすぎているのでは?と思った課題が1つ2つあり、心が折れそうになりましたが、それだけ私のプランニングのほうが偏っていたということに、今になって気付きました。すばらしい添削ありがとうございました

●全日本建築士会の先生方は、実績もあり、親切丁寧な指導をしていただけるところが非常に良いと思います。良い点は書ききれませんが、計画力養成に重点を置き、小手先の受験テクニックではないという姿勢が私の中で、納得でき、じっくりと学習に取り組むことが出来ました。有難う御座いました。

●徹底したゾーニング、計画についての指摘。 去年まで自分は減点項目にひっかからない図面を重視してつくっていましたが、駄目でした。今年は細かい減点対象よりも計画全体の考え方、ゾーニングを重視して本番の答案をつくりました。これが合格につながったと思います。ありがとうございました。

平成30年度一級建築士設計製図受験講座・通学
受講期間受講時間受講料 申込ボタン
2ヶ月73時間(11回)

添削強化補講
10時間
168,000円(税込)
(正規講座料:184,000円)

(通信講座はこちら)


●お問い合わせはこちら
電話:03‐3367‐7281
メール:全日本建築士会

本会の建築士講座は、中央省庁・
県庁や我が国を代表する企業の研修に
採用され、公立大学の社会人公開講座
にも採用された実績を有しています。

受付は平日午前9時30分より午後6時までとなります。
受付時間以外、夜間及び土・日曜日・祝日はメールにてお願いいたします。

▲TOPへ戻る

Copyright(C) 2005 一般社団法人全日本建築士会. All rights reserved.